2018年04月26日

病院説明会

病院協会会員病院の協力により、1・2年生を対象に就職のための説明会を開催しました。

DSC08084.JPG DSC08086.JPG

DSC08107.JPG DSC08108.JPG

前半は各病院によるプレゼンテーション、後半はブースに分かれ、個別に話を聞きに行きます。今年は県内全域から38病院もの参加がありました。前半のプレゼンテーションでは3分という短い待ち時間でしたが、趣向をこらした動画や巧みな話術で病院の特色などを紹介していただきました。
学生のアンケートではプレゼンテーションについて、
 ・わかりやすく丁寧に説明してくれた
 ・動画を交えての説明だったので理解しやすかった
 ・聞いていて楽しかった
 ・スライドが早くてわかりにくい病院があった
 などの意見がありました。
各ブースでは
 ・スライドではわかりにくかったところが聞けた
 ・資料などを使って詳しく説明してくれた 
 ・卒業生が来てくれていたので質問がしやすかった
 ・給料や勤務形態など聞きにくいことが聞けた
 と好評でした。
説明会の感想として
 ・病院の特徴や設備、現場の雰囲気などを知ることができ、将来を考えるいい機会になった
 ・病院で働くということが実感できた
 ・優しく話しかけてもらったので聞きにくいこと(給料や休み)も聞くことができた
 ・今年はよくわからないまま参加したので来年は事前に調べて参加したい
 ・時間が足らなかった
  などの意見がありました。
参加して下さった皆様、ありがとうございました。
posted by WAKAN運営部会 at 00:00| 行事

2018年04月19日

新入生歓迎会

4月19日、和歌山看護専門学校にて新入生歓迎会を行いました。今年は親睦会や学年対抗の体育大会ではなく、学生間の親睦を図り、集団生活を通して規律ある態度と協調性を養うことを目標に新入生歓迎会としました。

3学年合同の15グループでカレー作りから始めます。カレーのルウと具材、米は全グループ同じで、隠し味となる調味料で差をつけます。バジルや生クリーム、蜂蜜やリンゴなど各グループで趣向を凝らし教員によるカレーコンクールを行いました。

02-016.jpg 02-055.jpg 

02-058.jpg 02-076.jpg

カレーを煮込んでいる間にレクリエーションとして宅急便リレーや伝言ゲームを行いました。ゲームの得点順にゆで卵やウインナーなどのカレーのトッピング、もしくはプリンやシュークリームなどのスイーツを選べます。

02-087.jpg 02-091.jpg 02-180.jpg 02-206.jpg 02-214.jpg 02-213.jpg 02-224.jpg 02-225.jpg

 食事の後は講堂でレクリエーションです。学年対抗フラフープ送りやバトミントンリレーを行いました。
運動は苦手な学生もレクリエーションなので楽しく体を動かせてとても楽しい時間になりました。

02-294.jpg 02-341.jpg 02-405.jpg 02-411.jpg 02-407.jpg 02-430.jpg

【学生の感想】
・カレー作りは各家庭で作り方が違うのでとても話が弾んだ。
・味付けの相談やカレーの感想を言い合ったりし色々な話をすることができた。
・ただ座って話すのではなく、何かをしながらだと自然と口数も増え、話しやすかった。
・来年も何か作りたい。カレー以外にも挑戦したい。
・今までの体育大会も楽しかったが、全学年が協力しあう今回の方がもっと楽しかった。
・他チームのカレーも食べてみたかった。
・時間が経つのがあっという間ですごく楽しかった。
posted by WAKAN運営部会 at 00:00| 行事

2018年04月06日

平成30年度 入学式

平成30年4月6日(金) 和歌山看護専門学校入学式が上野雄二学校長のもと、盛大に行われました。

18歳から40歳まで第28期生47名が入学し、とてもにぎやかになりました。


01-103.jpg





歓迎のことば

本校では専門職の為の多彩なカリキュラムが組まれており、難しい専門的な学習だけでなく、豊かな人間性と社会性を養うため華道や音楽、手話や文学などの講義もあります。また、何度も練習しなければ身につかない技術演習など学ぶことも多く、内容も難しいと思いますが、自分にあった勉強スタイルを早く見つけ、コツコツ頑張っていきましょう。
(「歓迎のことば」より抜粋)在校生代表 山本 楓


01-114.jpg




       


宣誓
私の祖母は看護師で、いつも患者さんの気持ちや健康を第一に考えていました。私はそんな祖母のような思いやりのある人になりたいと思い、看護師を目指すようになりました。私たち一人一人が看護師という仕事に様々な形で触れることで強い志を抱き、和歌山看護専門学校で学ぶことを望みました。
これから私たちは感謝と初心を忘れず、未来に向けて常に明確な目標を持ち、この学校でともに学ぶ仲間と切磋琢磨しながら努力し続けることを誓います。
(「宣誓」より抜粋)新入生代表 木村 明日香


posted by WAKAN運営部会 at 00:00| 行事

2018年04月02日

同窓会総会を開催しました。

3月31日(土)、ホテルアバローム紀の国にて同窓会を開催いたしました。

1期生から23期生までの卒業生約80名及び教職員約10名に加え、退職された先生方にも参加していただき盛大な同窓会となりました。

総会では会計報告のあと黒岩会長から玉江新会長への交代の挨拶があり、玉江新会長から役員紹介がありました。

その後は各テーブルで近況報告や懐かしい思い出話に花を咲かせ、大盛況のうちにお開きとなりました。

沢山のご出席ありがとうございました。
次回は3年後を計画しています。今回出席できなかった卒業生の方々も次回はぜひご出席下さい。
posted by WAKAN運営部会 at 00:00| その他

2018年03月26日

第107回看護師国家試験合格発表!!

本日14時、看護師国家試験の合格発表があり、2年連続全員合格しました!!
おめでとう!よく頑張ったね!祝.png
posted by WAKAN運営部会 at 15:05| その他

2018年03月07日

第25回 卒業式

3月6日 卒業式が挙行されました。39名全員が県内の病院へ就職します。思いやりあふれる優しい看護師になって下さい。

s1.jpg s3.jpg






<卒業生 答辞より抜粋>  
 国家試験が間近に迫り、必ず資格をとって看護師として働きたい、夢を叶えたいという思いが強くなればなるほど、これまで味わったことのない不安と恐怖に襲われました。不安な気持ちから家族にきつく当たったこともありましたが、家族は何も言わず最後まで支えてくれました。本当に感謝しています。
私たちの体と心が限界を迎えていた頃、在校生から応援メッセージのボードをプレゼントされました。廊下ですれ違ったときや、通学バスで一緒になったとき、いつも笑顔で「頑張って下さいね」と渡してくれたチョコレートやあめは折れかけていた私たちの心の支えになりました。
こんなに頼りない私たちに、元気をくれる後輩たちがとてもまぶしく、「私たちもしっかりしなくては」と思いを新たに、最後まで頑張ることができました。  
卒業生代表 宮ア 愛佳

posted by WAKAN運営部会 at 00:00| 行事

2018年03月06日

受賞おめでとう!

01-383.jpg

左から知事賞受賞 宮ア愛佳さん、学校長賞受賞 岩田英子さん、市長賞受賞 高木紗佑里さんです。学力優秀、品行方正、他の学生の模範としてふさわしい3人が各賞を受賞しました。 
 
多くの学びの機会を与えてくださった指導者さんや先生方、未熟な私を受け入れてくださった患者さんとそのご家族、そして私をさせてくれた家族と仲間に感謝し、これからも頑張っていきます。 学校長賞受賞 岩田 英子
posted by WAKAN運営部会 at 00:00| その他

2018年01月29日

後期一般入学試験

DSC07551-1.jpg 
 1,2年生から3年生への激励メッセージです。

本日、1月29日(月)から2月2日(金)まで後期一般入学試験の願書を受け付けます。
提出方法は、書留郵送のみで2日の消印有効です。
本校は奨学金制度が充実しており、県内病院への就職率は100%です。素直で明るく積極性のある方、看護師になりたい情熱のある方の入学、お待ちしています。
posted by WAKAN運営部会 at 17:21| 入試係

2017年12月04日

前期一般入学試験

NS.png
本日12月4日(月)から12月8日(金)まで前期一般入試の願書を受け付けます。提出方法は書留郵送のみで8日の消印有効です。
 本校は奨学金制度が充実しており、県内病院への就職率は100%です。素直で明るく、積極性のある方、看護師になりたい情熱のある方の入学お待ちしています。
posted by WAKAN運営部会 at 00:00| 入試係

2017年10月31日

戴帽式

10月31日 第27回戴帽式が行われました。
 戴帽とは、古来ナイチンゲールから始まり、看護師の象徴である帽子を戴く儀式です。白衣を着用し、帽子を戴き、厳粛な気持ちで患者に接し、この仕事の生命に直結する厳しさを感銘します。看護という職業は社会的に貢献度が高く、威信を持つ専門的職業であることを自覚し、それに従事することの誇りと自尊心を養うために行われます。 
最近では様々な理由により臨床現場でナースキャップを着用することが少なくなってまいりましたが、本校では看護師になるという誇りと自覚、そして責任感を再認識する意味から例年行っております。

1.jpg 2.jpg
3.jpg 4.jpg

【戴帽式を終えて 学生の感想】
 全員が思い出に残るような式にしようと戴帽式委員を立ち上げた日からあっという間に本番を迎えることになりました。こんなにクラスメイトのことを考えたことは今までになく、常に悩み試行錯誤した期間でした。楽しくもあり、プレッシャーもありましたがそれぞれが係を持ち、悩みながらもミーティングを重ねることで不安な部分や困っている部分を共有することができ、また視点が違うだけですんなり解決することもありました。この経験は私を大きく成長させてくれたように感じます。
そしてこれからはより積極的に勉強や演習に取り組み、学生生活を実りのあるものにしていきたいです。患者さんの立場に立って身体的・精神的サポートができるよう、知識・技術の習得だけでなく、自分の心を磨く努力も意識します。戴帽式で誓ったこの思いを忘れることなく、看護人生を歩み続けられるよう頑張ります。 伊藤 華那子
posted by WAKAN運営部会 at 00:00| 行事