2018年09月25日

在宅看護論

DSC09240.JPG
 
  近年、医療技術の高度化、社会環境の変化に伴い疾患や障害が重度であっても、在宅療養が可能になってきています。また、人々のニーズは、施設志向から長年住み慣れた家庭で自分らしく、生きがいのある生活ができるような在宅療養志向へと変わってきています。そのために、安全で安楽、そしてその人らしい生活が送れるという質の高い在宅看護が求められています。本校では多彩な講師に来て頂き、在宅看護について学んでいます。

  9月25日 ALS会のおしどり夫婦である林静哉先生と奥様の千津子さんに来て頂き、在宅療養者と家族の実際について講義をして頂きました。

※ALS(筋萎縮性側索硬化症)とは五感や記憶、意識は保たれたまま徐々に全身の運動神経が侵され、やがて身体のほとんどの部位が動かせなくなる進行性の難病です。原因は不明で40〜60歳代を中心に10万人に1人の割合で発症します。

DSC09228.JPG DSC09225.JPG

【学生の感想】
  講義を受けて、患者さんが前向きに治療に取り組めるか否かは、医療従事者の言葉や言い方にも左右されることがあるのだと知りました。QOLを改善する様々な医療・ケアがあることを伝え、生きる希望を持てるように説明することができていれば、病気の受け止め方も少しは違っていたのかもしれません。これからの学習や実習でたくさんの知識を得て、患者さんが治療に対して前向きな気持ちになれるようお手伝いができればと思います。目が合えば、笑顔を見せて下さった林さん。緊張している私たちに気さくに笑顔で接して下さることで話しやすい雰囲気になっていました。私たちが看護師になったときには、笑顔を絶やさず話しやすい雰囲気作りを心がけたいと思います。  伊藤 華那子

  「からだがありながら動かせず、食べる楽しみもありません」という言葉が心に残っています。生きるということは、ただ命があるということだけではなく、林さんのようにご家族や故郷の友人、また同じ難病の人たちとの出会いによって人の温かさに触れ、生きがいを見つけることで生きる喜びを感じるのかなと思いました。文字盤はとても難しいですが、言葉ではなく目の動きで会話し、笑顔でそのときの気持ちを表すことができるのは素晴らしいことだと思います。林さんと目が合ったとき笑顔を向けて下さり、私も自然と笑顔になりました。文字盤で「最初に目が合いましたね」と伝えていただき、とても嬉しかったです。笑顔は人の心を温かくするのだと実感しました。これからも笑顔を忘れずにいたいと思います。椎崎 珠奈


posted by WAKAN運営部会 at 00:00| 講義

2018年07月25日

一日看護学生

ようこそ一日看護.png

 7月25日(水)、一日看護学生を開催いたしました。
暑さ厳しい中、県内の高校生や一般の方、また近隣の中学生を特別に招待し、合わせて125名の方に参加していただきました。歓迎の挨拶のあとは3年生による学校紹介と在校生の一日の流れを紹介しました。

i1.jpg

 その後、各グループに分かれ、学校を案内しながら技術体験をしてもらいました。1階では車いす体験、2階では新生児人形を使っての更衣やおむつ交換、また在校生の教科書や解剖生理学ノートの展示を行いました。

i2.jpg i3.jpg

3階看護実習室では、ベッドメーキング体験やシミュレータ体験、新生児人形を使ってお風呂に入れる体験をしてもらいました。

i4.jpg i5.jpg

i6.jpg i7.jpg

i8.jpg
 今年も人気だったのは新生児人形を使った体験でした。また、聴診器を使って生体シミュレータの心音や呼吸音を聞く体験や車いす体験も好評でした。シーツ交換なども人気でしたが、在校生と色々話ができて楽しかったと書いて下さった方がたくさんいてボランティアで手伝ってくれた学生達も喜んでいました。


暑い中、参加してくださった皆様ありがとうございました。
posted by WAKAN運営部会 at 00:00| 行事

2018年07月23日

募集要項

ワンポイント.png平成31年度 学生募集要項ができました。
http://www.wakayama-nc.net/boshuyoukou.html

こちらの募集要項申込フォームからご請求いただくと無料で送付させていただきます。

よろしくお願いします。
posted by WAKAN運営部会 at 00:00| 行事

2018年07月14日

学校祭終了しました!!

 今年も暑さの厳しい中、280名もの地域の方々にお越し頂き、にぎやかな学校祭を迎えることができました。学校まで足を運んで頂いた皆様、ありがとうございました。
 今年は「楽しさ満開 輝けWAKAN祭」をテーマとし、来てくださった皆様1人1人に和看流のおもてなしを提供できるように心がけ、一人でも多くの方に笑顔で帰って頂こうと頑張りました。昨年に引き続き、模擬店の時間を延長し、折り紙教室やバルーンアートなど多くの方に楽しんでいただけるようイベントも工夫しました。また各学年のクラス紹介や授業風景などの写真、そして本校の卒業生も活躍しているJICA(国際協力機構)の活動報告など展示コーナーも充実させました。
 私たちは、地域の皆様への日頃の感謝の気持ちを込めて楽しさいっぱい笑顔が輝く交流の場となるよう、皆で協力し、助け合うことでより一層団結力を強めることができました。私たちはこの学校祭で学んだことや感じたことを大切にし、今後も看護の道に向けて勉学に励んでいきたいと思います。
 
ga1.jpg ga2.jpg

ga3.jpg ga4.jpg

ga5.jpg ga6.jpg

ga7.jpg ga8.jpg

ga9.jpg ga10.jpg
posted by WAKAN運営部会 at 00:00| 行事

2018年07月12日

非日常生活体験

11日、12日 授業の一環で非日常生活体験として学校へ宿泊しました。3年生全員が被災者となり、非常食を食べ、短時間ですが停電も経験します。その夜は段ボールを敷き、囲いを作ってみんなで寝ました。
hi1.jpg hi2.jpg

hi3.jpg hi4.jpg

非日常生活体験をして一番印象に残ったもの(場面)は何ですか?というアンケートには
 ・どこでも寝られると思っていたけど、広くて天井が高いところで寝るのは落ち着かなかった。
 ・クラス全員が同じ場所で段ボールを敷いて寝ること。
 ・プライバシーを守れないのはとてもストレスになると気づいた。
 ・非常食は意外とおいしかったが、毎日これだと思うと憂うつになると思った。
 ・汗をかいたのにお風呂に入れないのは辛かったが、清拭をすることで気分転換になり爽快感が得られた。
 ・集団生活のため、行動が制限され一人の時間を作ることができないことが辛かった。

とありました。
 共通していたのはお風呂に入れないこと、段ボールで寝ること、一人になれないことが辛いということでした。他に非常食であるアルファ米が意外とおいしく、満腹になったこと、プリンの差し入れがとても嬉しかったという意見もありました。
posted by WAKAN運営部会 at 00:00| 講義

2018年07月10日

和みの会

nagomi.jpg
7月10日、3月に卒業した25期生を招待し、茶話会を開いて在校生や教職員と交流しました。就職して3ヶ月、少し仕事にも慣れ悩む時期でもあるため、同期が集まって話すことでいい気分転換になったと話していました。


また、昨年使っていたノートや参考書などを持って来てもらい、これから本格的に国家試験対策が始まる3年生に向けて、自分達の勉強方法やアドバイスを話してもらいました。3年生は具体的な参考書の使い方やノートのまとめ方などをグループに分かれて個別に話を聞くことで多くの例を知ることができ、頑張る気持ちに火がついたようです。
posted by WAKAN運営部会 at 00:00| その他

2018年06月19日

学校祭のお知らせ

7月14日(土)10:00〜 第28回学校祭を開催します晴れ

今年のテーマは、
「楽しさ満開 輝けWAKAN祭」となりました。
楽しさいっぱい笑顔が輝く交流の場となり、思い出に残る学校祭にしたいと思っています。

学校祭ポスター.png

プログラムは
 ・バザー
 
 ・健康チェック
 (身体測定、骨密度)
 
 ・模擬店
 (お好み焼き、おにぎり、たません、
  からあげ等)
 
 ・癒やしの空間
 (ハンドマッサージやカフェ)

 ・献血、骨髄バンク登録


今年も時間を延長し、模擬店やカフェは13時30分までチケット販売しています。
折り紙やバルーンアート、ダンスなどのイベントもありますexclamation×2

posted by WAKAN運営部会 at 13:53| 行事

2018年06月05日

1日看護学生募集!!

一日看護H30.png

 7月25日(水)
 12:00〜16:00




1日看護学生を実施します。
看護への関心と理解を深め、心と心が通じ合う看護の素晴らしさを実感して下さい。
看護に興味のある高校生以上の方ならどなたでもご参加いただけます。




内容は
1.学校紹介・カリキュラム・学校行事・学生生活の説明
2.学校案内
3.看護技術体験
  (新生児の更衣・沐浴、ベッドメイキング体験、車いす体験)
4.看護学生との交流

詳しい内容や申し込み方法はホームページをご覧下さい。
http://www.wakayama-nc.net/
posted by WAKAN運営部会 at 16:03| 行事

2018年05月02日

平成30年度 特別講義 〜がん看護専門看護師から学ぶ〜

 今年の特別講義は「がん看護専門看護師から学ぶ」をテーマにしました。
 ホスピスにおいて、がんなどで治療の見込みのない人々とその家族に対して、がん看護専門看護師の田村恵子さんが行う看護(NHK 希望は必ず見つかる)をDVD鑑賞します。そして、患者、家族の想いや、最期のときを支えている看護から、「看護とはなにか」について考えます。

DSC08120.JPG DSC08130.JPG

 DVDには4人の患者さんがでてきます。3学年合同でグループを作り、クジでどの事例について話し合うかを決めます。学年それぞれの学ぶ視点から、患者・家族の想いや看護師の行動の意味について考え、3年生が中心となって学びを繋げ、発表します。その後、4人の患者さんに対して自分達ならどのような看護を行うか考え、それについても発表しました。

DSC08136.JPG DSC08142.JPG DSC08129.JPG DSC08144.JPG DSC08134.JPG DSC08153.JPG

【特別講義の感想】
 1年生から3年生まで違う学年がグループを作り1つのテーマについて話し合えてとても新鮮でした。学年によって着眼点が違って楽しかったです。特に足のマッサージをしているシーンでは、私はただ痛みを和らげるためにしているのだと思っていました。しかし、3年生はマッサージをしながら患者さんとコミュニケーションを取るのだと言っていました。行動だけでなく、その理由と声かけの重要性・必要性を教えてもらい、さすが3年生だと思いました。発表についても、まとめた内容をしっかりとした口調で発表し、結果だけでなくその経緯や理由も添えていました。私もこれから読書などで文章力を養い、積極的に発言できるよう努力したいと思います。
1年生 恵比寿 永真


 DVDを見ているとがん看護専門看護師の田村さんが、生き抜いた患者さんを想って泣いているシーンがありました。私は、看護師とはどんな理由があろうと涙は流してはいけないと思っていました。また、新人の頃は泣いてしまったとしても段々と慣れていき、死に対して何も感じなくなってしまうのかなとも思っていました。田村看護師が患者さんを想って涙を流すシーンを見て、看護師としてではなく人として泣くことは悪いことではなく、大切なのはそれを引きずらず、気持ちを切り替え前進することなのだと学びました。グループワークでは、先輩達との観点の違いに驚きました。一年後、二年後、先輩達のようになれるのか不安ですが、しっかり基礎を学び、少しでも近づけるよう頑張ります。 1年生 瀧本 美羽

 DVDを見て患者さんとの関わりについて考えました。学生である私ができる看護で最大のものは「話を聞く」ことではないかと思います。しかし、1年生の終わりに実習に行って感じたのは話を聞く(コミュニケーションを取る)というのはとても難しいということです。実際、患者さんの元へは聞きたい項目をまとめてから行きましたが、思っていたのとは違う話を沢山しました。もちろんその話から得られる情報も多くあり不必要な話ではなかったのですが、自分の中で項目を満たせないことへの不安や焦りがありました。でもそれは患者さんが本当にしたかった話なのかもしれず、そう考えると自分自身の態度や気持ちも変わってくるかもしれないと思いました。私が不安や焦りを抱くと患者さんに伝わってしまう可能性があり、信頼関係を築くことも難しくなってしまうので考え方を変え、笑顔でいられるよう努力したいと思います。 2年生 松崎 沙霧

このDVDは1年生の時、授業で見たことがありました。そのときの私は患者さんの話を聞き、黙っていても背中をさすり、悩みを打ち明けてもらえるようにするのが看護だと思いました。しかし今日もう一度見て、患者さんの不安や恐怖を取り除き、気持ちを楽にすることだけが看護ではなく、患者さんの話しやすいタイミングや場所、雰囲気を看護師自身が作り出していること、治療法や生きる希望について患者さん本人から引き出し、ともに闘う姿勢が看護なのだと思いました。
グループワークでは、みんなの意見をまとめ発表することが求められるため、人の意見や思いを共有できたことが良かったと思います。来年もこの様な機会があればいいなと思いました。 2年生 黒木 唯


 3年生になった今、患者さんの話をどのように傾聴しているか、言葉の選択はどうしているか、自分が実習で感じたことと照らし合わせて考えられるようになりました。一方で新入生の根本的な人としての振る舞いについての意見で私は初心にかえる思いでした。疾患に関連させた視点ばかりでなく、そもそも人が持っている希望や不安に目を向けた看護の重要性を改めて感じました。今までの自分の実習態度を振り返ったとき、必死ではありましたが、「看護をしなくては」「どうすれば看護ができるのだろう」と視点がずれていたこともあったのではないかと感じました。様々な人の考え方に触れることで、自分自身の考え方の幅も拡げることもできました。まだまだ迷いや不安はありますが、確かな知識で裏打ちされた看護を行えるよう努力したいと思います。 3年生 上畑 葵志子


posted by WAKAN運営部会 at 00:00| 行事

2018年04月26日

病院説明会

病院協会会員病院の協力により、1・2年生を対象に就職のための説明会を開催しました。

DSC08084.JPG DSC08086.JPG

DSC08107.JPG DSC08108.JPG

前半は各病院によるプレゼンテーション、後半はブースに分かれ、個別に話を聞きに行きます。今年は県内全域から38病院もの参加がありました。前半のプレゼンテーションでは3分という短い待ち時間でしたが、趣向をこらした動画や巧みな話術で病院の特色などを紹介していただきました。
学生のアンケートではプレゼンテーションについて、
 ・わかりやすく丁寧に説明してくれた
 ・動画を交えての説明だったので理解しやすかった
 ・聞いていて楽しかった
 ・スライドが早くてわかりにくい病院があった
 などの意見がありました。
各ブースでは
 ・スライドではわかりにくかったところが聞けた
 ・資料などを使って詳しく説明してくれた 
 ・卒業生が来てくれていたので質問がしやすかった
 ・給料や勤務形態など聞きにくいことが聞けた
 と好評でした。
説明会の感想として
 ・病院の特徴や設備、現場の雰囲気などを知ることができ、将来を考えるいい機会になった
 ・病院で働くということが実感できた
 ・優しく話しかけてもらったので聞きにくいこと(給料や休み)も聞くことができた
 ・今年はよくわからないまま参加したので来年は事前に調べて参加したい
 ・時間が足らなかった
  などの意見がありました。
参加して下さった皆様、ありがとうございました。
posted by WAKAN運営部会 at 00:00| 行事