2017年07月24日

一日看護学生

 7月24日(月)、一日看護学生を開催いたしました。暑さ厳しい中、県内の高校生や一般の方、また近隣の中学生を特別に招待し、合わせて107名の方に参加していただきました。歓迎の挨拶のあとは3年生による学校紹介とカリキュラムや学習内容の紹介、1年生からは学校行事と一日の流れを紹介しました。
1-1.jpg DSC07064.JPG
その後、各グループに分かれ、学校を案内しながら技術体験をします。2階では車いす体験や妊婦体験、老人体験をしてもらいました。
DSC07088.JPG DSC07090.JPG
3階看護実習室では、1年生による看護技術のデモンストレーションを行いました。また、赤ちゃん人形を使った着替えやだっこ体験、沐浴体験などもあります。学生が現在使っている教科書やノートの展示なども行っています。
DSC07068.JPG DSC07113.JPG
DSC07080.JPG DSC07066.JPG
DSC07167.JPG
卒業生がデザインしてくれた
ノベルティのバックと
クリアファイルです。
かわいいと評判でした。
DSC07135.JPG
今年も人気だったのは赤ちゃん人形を
お風呂にいれる体験でした。また、
聴診器を使って生体シミュレータの
心音や呼吸音を聞く体験も好評でした。

他にも妊婦体験や老人体験、車いす体験なども人気でしたが、体験だけでなく、在校生と色々と話すことができて楽しかったと書いて下さった方がたくさんいて、ボランティアで手伝ってくれた学生達も喜んでいました。

暑い中、参加して下さった皆様、ありがとうございました。
posted by WAKAN運営部会 at 00:00| 行事

2017年07月18日

学校祭終了しました!

 今年も暑さの厳しい中、228名もの地域の方々にお越し頂き、にぎやかな学校祭を迎えることができました。学校まで足を運んで頂いた皆様、ありがとうございました。
 今年は「笑顔いっぱい 和看祭」をテーマとし、来てくださった皆様1人1人に和看流のおもてなしを提供できるように心がけ、一人でも多くの方に笑顔で帰って頂こうと頑張りました。昨年に引き続き、節電を心掛け、環境にも配慮をしながら学校祭を開催しました。さらに模擬店の開催時間を延長し、イベントもダンスだけでなく折り紙やバルーンアートなど子どもからお年寄りまで楽しんでいただけるよう工夫しました。

 また、今年7月5日に発生した大雨による災害緊急支援募金を行い、学校祭の収益金の一部と合わせ、福岡県朝倉市災害義援金として寄付させていただきます。

 私たちは、この学校祭を通して皆で協力し、助け合うことでより一層団結力を強めることができました。また、お越しくださった地域の皆様のたくさんの笑顔を見ることができ、私たちの力となりました。私たちはこの学校祭で学んだことや感じたことを大切にし、今後も看護の道に向けて勉学に励んでいきたいと思います。

04-043-1.jpg 04-212-1.jpg
04-065-1.jpg 04-157-1.jpg
DSC06891-1.jpg DSC06955-1.jpg
DSC07056-1.jpg DSC07063-1.jpg
DSC06963-1.jpg DSC07006-1.jpg
posted by WAKAN運営部会 at 00:00| 行事

2017年07月13日

被災者生活体験

7月12日、13日 被災者生活体験をしました。3年生全員が被災者となり、非常食を食べ、短時間ですが停電も経験しました。その夜は段ボールを敷き、囲いを作ってみんなで寝ました。
DSC06776.JPG DSC06785.JPG
DSC06788.JPG DSC06789.JPG

被災者生活体験をして一番印象に残ったもの(場面)は何ですか?というアンケートには
 ・今まで食べたことがない非常食を食べたこと。意外とおいしかった。
 ・段ボールを敷いてみんなで寝たこと。固くて痛かった。
 ・ひとりになる時間がないことが辛かった。
 ・段ボールをただ敷くのではなく通路や男女の区切りなど全員が気持ちよく過ごせるよう工夫したこと。
 ・たった一晩だがプライバシーのない場で共同生活を送ることが苦痛だった。
 ・個々で色々な意見を言い、勝手に行動するのでまとまらず、一致団結することができなかった。

等の意見がありました。

今年もお風呂に入れないことが辛かったようですが、プライバシーがない、一日中ルールに縛られている等、ひとりになれないことが辛かったと書いている学生が多いと思いました。それでも一時停電の時、少ない懐中電灯をどのようにすれば効率的に明るくすることができるか、みんなで案を出し合ったことが楽しく印象に残っているようです。
 また、リーダー役の学生はみんなからどうすればいい?と頼られ、すべて自分達が判断しなければならない責任の重さが辛かったと書いていました。リーダー役の人も同じ被災者なのだということを全員が自覚し、もう少しみんなで協力できれば良かったなと思います。非常食を食べ、段ボールを敷いて寝ること、プライバシーのない空間の息苦しさ、また思いがけず楽しかったことなど身をもって体験することができ良い学びになりました。
posted by WAKAN運営部会 at 00:00| 講義

2017年07月07日

募集要項

ワンポイント.png平成30年度 学生募集要項ができました。
http://www.wakayama-nc.net/boshuyoukou.html

こちらの募集要項申込フォームからご請求いただくと無料で送付させていただきます。

よろしくお願いします。
posted by WAKAN運営部会 at 09:53| 入試係