2019年07月28日

オープンキャンパス

 和歌山看護専門学校にて、オープンキャンパスを開催しました。高校生や社会人、その保護者の方合わせて100名以上の参加があり、友達同士や保護者の方と一緒に自由に学校見学をしながら看護技術を体験してもらいました。今年も一番人気はベビー人形の沐浴体験、次いでベッドメイキングでした。
 技術体験のあとは在校生との交流会を行い、参加者からの様々な質問にこたえてもらいました。アンケートでも交流会がよかったと答えた参加者が多く、「親切に教えてもらって嬉しかった」「とても素敵な学校だと思った」など好意的な意見がたくさんありました。参加して頂いた皆様、ありがとうございました。

325.JPG 327.JPG

343.JPG 352.JPG
posted by WAKAN運営部会 at 00:00| 行事

2019年07月13日

学校祭終了しました〜!

 今年はあいにくの雨でしたが、450名以上の地域の方々にお越し頂き、にぎやかな学校祭を迎えることができました。学校まで足を運んで頂いた皆様、ありがとうございました。
 今年は「笑顔を咲かせる 令WAKAN祭」をテーマとし、来てくださった皆様1人1人に和看流のおもてなしを提供できるように心がけ、一人でも多くの方に笑顔で帰って頂こうと頑張りました。スライム作りや認知予防体操など子どもからお年寄りまで楽しんでいただけるようイベントを工夫し、展示コーナーでは今までの勉強の成果として、各学年で学習内容の一部とクラス紹介を掲示しました。
 令和元年という時代の節目に、地域の皆様への日頃の感謝の気持ちを込めて笑顔を咲かせる交流の場となるよう、皆で協力し、助け合うことでより一層団結力を強めることができました。私たちはこの学校祭で学んだことや感じたことを大切にし、今後も看護の道に向けて勉学に励んでいきたいと思います。

g1.jpg g2.jpg

g3.jpg g4.jpg

g5.jpg g6.jpg

g7.jpg g8.jpg
posted by WAKAN運営部会 at 00:00| 行事

2019年07月10日

非日常生活体験

非日常生活から見えてくる看護の役割を学ぶため、学校での宿泊演習を行いました。台風による災害で池の氾濫と土砂崩れで帰宅困難となり、1階多目的ホールに避難、ライフラインは停電と断水としました。

h1.jpg h2.jpg

h3.jpg h4.jpg

h5.jpg h6.jpg

避難した学生達は、避難所を設営し調整班や食料班などの7つの班に分かれ、限られた備蓄品で良好な生活環境の確保に努めました。

【学生の感想】
 非日常生活を体験して最も感じたことは住むところがあり、電気・水・ガス・トイレが普通に使え、食べたいときに食べられるということに感謝しかないということです。実際に避難所を立ち上げ、運営するにはルールの周知や限られた資源の分配、衛生面への配慮や役割を担う人材の確保など様々なことを迅速に決め、情報共有しなければならないのだと学びました。もしも現実に被災したときには今回の体験で学んだことを活かし、少しでも力になれるよう自分にできることをしていきたいと思います。  上村 祐加

 避難所生活で不自由と感じたことは、トイレの使用です。停電と断水で水を流すことができず、使用できる水も限られているため、使用後はひしゃくで水をくみ便器を洗い流さなくてはいけません。トイレットペーパーが流せない上、他の人の尿の上に自分の尿がたまり、それがどんどんたまっていくことを考えると不自由さ以上に強い不快感を覚えました。居住環境においても仕切りはありますが、座っていると人と目が合ったり、声が聞こえたりと常に誰かに見られているような感覚になり、人との距離感が近すぎるように感じました。
 また、昨年の台風21号で被災したクラスメイトが、時間が経った今でも涙を流しながら話す姿を見て、家がきれいになり、暮らしが元に戻ったように見えても心の傷は戻ることはないのだと感じました。だからこそ看護者として、衣食住の基本的欲求が満たされるように働きかけていくことだけでなく、災害によるストレスがどのようなものから引き起こされているのか、人としての尊厳を持って生きるということがどのようなことであるのかを考えながら支援していく必要があると思いました。  椎崎 珠奈

 
posted by WAKAN運営部会 at 00:00| 講義

2019年07月09日

和みの会

 3月に卒業した26期生を招待し、茶話会を開いて在校生や教職員と交流しました。就職して3ヶ月、少し仕事にも慣れ悩む時期でもあるため、同期が集まって話すことでいい気分転換になったようです。
 また、昨年使っていたノートや参考書などを持て来てもらい、これから本格的に国家試験対策が始まる3年生に向けて、自分達の勉強方法やアドバイスを話してもらいました。3年生は具体的な参考書の使い方やノートのまとめ方などをグループに分かれて個別に話を聞くことで頑張る気持ちに火がついたようです。


DSC00184.JPG
posted by WAKAN運営部会 at 00:00| その他