2018年10月31日

戴帽式

 10月30日、第28回戴帽式が行われました。
 戴帽とは、古来ナイチンゲールから始まり、看護師の象徴である帽子を戴く儀式です。白衣を着用し、帽子を戴き、厳粛な気持ちで患者に接し、この仕事の生命に直結する厳しさを感銘します。看護という職業は社会的に貢献度が高く、威信を持つ専門的職業であることを自覚し、それに従事することの誇りと自尊心を養うために行われます。 
最近では様々な理由により臨床現場でナースキャップを着用することが少なくなってまいりましたが、本校では看護師になるという誇りと自覚、そして責任感を再認識する意味から例年行っております。

t1.jpg t2.jpg 
t3.jpg   t4.jpg

【戴帽式を終えて 学生の感想】
厳かな雰囲気の中行われた戴帽式で、病院関係者の方、保護者、先生方など多くの方から祝福していただきました。私たちはたくさんの人たちに期待されているのだと身の引き締まる思いでした。
ナイチンゲール像から灯を受け取り、全員で誓詞を唱和し、ナイチンゲール讃歌を斉唱しました。暗い部屋が優しいロウソクの明かりで包まれていたあの瞬間はとても綺麗で、目を閉じると今でも浮かんできます。これからますます勉強も技術も難しくなり、壁にぶつかってしまうこともあるかもしれませんが、どんな時も笑顔で前向きに捉え、戴帽式での感動と看護師になるという強い意思を胸にこれからも頑張りたいと思います。 谷口 萌

戴帽式には奨学金でお世話になっている病院の看護部長さんが出席して下さいました。忙しい中来ていただき、「おめでとう」と声をかけて下さったことがとても嬉しかったです。看護部長さんと一緒に働けるよう一生懸命頑張りたいと思います。
また私が看護学校に合格したとき、涙を流して喜んでくれた祖父母も戴帽式に出席し、「感動した。見られてよかった」とまた泣いていました。私は自分の成長をここまで喜んで祝福してくれる人がいることに胸が熱くなりました。これから先、辛いときも乗り越えられる元気の源になると思います。この日の感動をいつまでも忘れず、今後も一生懸命に歩んでいきたいです。 長岡 玲奈

posted by WAKAN運営部会 at 00:00| 行事