2019年03月05日

第26回 卒業式

 和歌山看護専門学校で卒業式が挙行されました。1名が助産学科へ進学し、36名は県内の病院へ就職します。思いやりあふれる優しい看護師になって下さい。

s1.jpg s2.jpg

s3.jpg s4.jpg

〈卒業生答辞より抜粋〉
 2年生になると臨地実習が始まり、今までに経験したことのない日々の連続でした。毎日課題に追われ、常に新たな課題が見つかる。そんな日がずっと続くような気がして、辞めてしまえばどうなるのだろうと考えたこともありました。看護師になりたい気持ちと同じくらい逃げたい気持ちがあり、自分自身どうすればいいのかわからないまま過ごしていました。今ここにこうしていられるのは、ありのままの私の気持ちを決して否定せずに聞いてくれた先生、ともに考え、悩み、笑い、たくさんの壁を乗り越えてきた仲間たち、そしてどんなに暗い顔をしていても普段と変わらずに接してくれた家族の支えがあったからです。 卒業生代表 湯川 絢加
posted by WAKAN運営部会 at 00:00| 行事