2019年04月09日

入学式

和歌山看護専門学校入学式が上野雄二学校長のもと、盛大に行われました。

18歳から40歳まで第29期生42名が入学し、とてもにぎやかになりました。

01-119.jpg








歓迎のことば
 看護師になるために必要なのは、専門的な知識の積み重ねと技術の習得です。そしてそれ以上に欠かせないのは、命を守る責任感と思いやりの心です。困難な状況にあるときこそ、助け合えるような仲間をぜひこの学校で作って下さい。お互い協力し合い、支え合うこと、チームワークを大切にすることも看護職を目指すものにとって欠かせないことだと思います。私たちも、ともに成長していきたいと思っています。(「歓迎のことば」より抜粋)在校生代表 有本 未来



01-130.jpg







宣誓       
 これからの3年間は、社会人としてしっかり独り立ちできるようになるための準備期間と考えます。そして人の命を守る看護師となるための期間です。患者さんに安心し、信頼される看護師を目指すとともに看護の勉強だけでなく、一人の人間として成長していけるよう、仲間とともに切磋琢磨していくことを誓います。
(「宣誓」より抜粋)新入生代表 福居 奈那美

posted by WAKAN運営部会 at 00:00| 行事