2018年10月13日

災害対応実戦訓練

10月13日(土) 巨大地震発生により甚大な被害がでたため、和歌山広域消防指令共同運用に係る相互応援と近隣消防本部の特別応援を受けるとの想定で行われた実践的な訓練に参加させていただきました。

「内陸地震(震度7)による災害で、紀の川市、岩出市の建物等の倒壊、交通事故等により自力では脱出できない要救助者や負傷者が多数発生した」という想定で、本校の学生は事故をおこしたバスや車に閉じ込められた要救助者という役割で参加しています。

1.jpg 2.JPG

3.JPG 4.JPG

【参加学生の感想】
 私は3歳女児で「腹部打撲で泣き叫ぶ」という役割で参加させていただきました。災害が起こりバスの中に閉じ込められたのですが、バスに乗っていた人たちが「早く助けろよ〜」「何してんねん」という興奮した声で怒っており、小さい子どもからすると恐怖でさらに不安を感じるだろうなと思いました。救命士や消防士の方達の「静かにして」「歩ける人は出て」との声も大声で怒鳴っているように聞こえ、怖いなと感じました。災害現場の救命士や消防士は一人でも多くの傷病者を安全な場所へ避難させることが一番の役割なので、大声で口調がきつくなるのは仕方のないことだと思います。その分、医師や看護師などの医療従事者は不安を感じている小さな子どもや障害のある方達に寄り添い、安心してもらえる配慮も大切であると感じました。傷病者役という貴重な経験を今後に活かしていきたいです。  名方 柚葉

 私が始めに思ったことは災害が発生し、救急隊が来てもすぐには助けてもらいないということです。テントやシートの準備、状況把握とそれらを踏まえた上で、指揮をとってからの救出、今ならそれが必要な時間であることはわかりますが、目の前に多くの隊員が見えているのに来てもらえないというのは、傷病者の混乱と不安を強めると思いました。
 また、救出が始まってからは役になりきりみんなで色々なことを救出隊にぶつけましたが、冷静でハキハキした物言いにひるむこともありました。狭いバスの中に2〜3名が交互にしか入れない状況で、30人弱を正しくトリアージし、助かる命を一つでも増やすためには、助ける側が混乱せずに対応する必要があるのだと考えます。
 今回の体験から、練習であっても倒れている人などをみると怖かったし、担架なども揺れや周りの音でどんどん恐怖心は強まりました。もちろん救命が第一になるけれど、その中で少しでも声をかけることも安心に繋がると考えます。      湯川 絢加
posted by WAKAN運営部会 at 00:00| 課外

2015年10月28日

第15回全国障害者スポーツ大会(紀の国わかやま大会)にサポートボランティアとして参加しました!

 紀の国わかやま大会は10月24日から26日まで3日間の会期で開催され、全国から都道府県・指定都市の選手団約5,500人が参加し、個人競技6競技、団体競技7競技及びオープン競技が実施されました。本校では、来県される選手団のお出迎えのため22日から離県された27日まで県職員の方々と1,2年生合同でチームを作りサポートさせていただきました。担当は秋葉山公園県民水泳場で行われた水泳競技で、選手団の方をサポートすると共に、声が枯れるまで応援しました。

P1040032.JPG P1040010.JPG

P1040025.JPG DSC_0931-1.jpg

<学生の感想>
 正直に言えば大会前は、ボランティアなんてしたことがないので何をすればいいのか想像もつかないし、朝も早いししんどいな、なんて思っていました。そんな気持ちのままボランティアに参加したのですが、最初に思っていたこととは全然違ってすごく楽しかったです。選手の方々と話す機会もたくさんあり、応援にも熱が入りました。最終日のメドレーリレーではすごく盛り上がり、見ている私たちまでドキドキしました。メダルを取ったときには自分の事のようにうれしかったです。選手の方々の目標に向かって一生懸命頑張っている姿、自信に満ちあふれている姿を見て、勇気、元気をもらい、また自分も目標をしっかりと持って頑張って努力しなければいけないなと思いました。大変なこともあったけどこんな貴重な体験ができるボランティアに参加することができてよかったです。 1学年 冷水 杏佳

 たくさんの選手と言葉を交わし、行動を共にしたこの大会のことは一生忘れる事がないと思います。正直あまりやる気ではなかった私が、別れの時には「もっとボランティアしたい」という気持ちでいっぱいになりました。それと同時に「もっとしてあげられたことがあったのではないか」という後悔もあり涙が止まりませんでした。私はこの活動を通して、障害のある人もない人も違う事は何一つないと気づきました。最後に選手団の方に「今できることをしなさい」と言われたことを一生忘れず、この活動で手に入れた気持ちや感動をこれからも大切にしていこうと思いました。 1学年 波元 美咲

 サポートボランティアに参加したことは素晴らしい経験でした。障害者スポーツ大会ということで選手の方々は様々なハンデともとれる障害を持っているのだと考えていました。しかしその考えは公開練習を目にしたときに間違っていると気づきました。その泳ぎには力強さがあり、また工夫もありました。力強い泳ぎを間近で見られたことを嬉しく思います。ボランティアで参加しましたが、すぐにその考えはなくなっていました。純粋にこの選手団の応援をしたい、力になりたいと考えるようになっていました。ひたむきな姿勢というのはこれほどまでに人の心を感動させるものだと知ることができました。今を生きる力、障害に打ち勝つという姿勢、支える周囲の方々の存在、選手達から多くの事を学び、元気をもらうことができた5日間でした。 2学年 中村 賢也
posted by WAKAN運営部会 at 00:00| 課外

2015年10月25日

災害訓練

 10月25日、公立那賀病院の災害訓練に被災者役で参加させていただきました。

P100602-1.jpg P1000602-1.jpg

P1000252-1.jpg P102494-1-1.jpg

P1020503-1.jpg P1020511-1.jpg

<学生の感想>
 私は母親役で10歳の子どもと旦那さんと一緒に病院へ行く設定でした。病院についてすぐ家族とばらばらにされてしまい、すごく不安になりました。症状別に別れないといけないのはわかりますが、家族がどこにいるのかを知ってからでないと、治療をしてもらっている間も落ち着かない気分になるのだと知りました。看護師さんに「探しているからね」と言われたときは安心しますが、5分ほど経つと忘れられたのではないか、探していないのではないか、などと不安になってしまったので、常に声かけをする必要があるのだと思いました。また、場所が分かっても、どういう状態でいるのか、無事なのかということまで伝えてもらわないと不安の軽減にはつながりませんでした。実際に大災害が起きたときには、医療者側ももっとバタバタしているでしょうし、全ての方が不安を抱えていると思います。今回のこの体験から少しの声かけで、大きな不安を取り除くことができることを学びました。迅速な治療も大切ですが、温かい声かけができる看護師になりたいと思います。 3学年 峯 初実

 私は中国人の傷病者役として参加させていただきました。まず病院に入るとすぐに看護師の方が寄ってきて「どうされましたか」と声をかけてくれました。私は日本語がわからない設定のため、教えてもらった中国語で「手が痛いです」とこたえました。看護師さんは初め、困った顔をしていましたが、すぐに長いすに誘導し、医師を呼んでくれました。医師にもう一度中国語で訴えると「あー、痛いのね」とすぐに理解し、中国語で返事をしてくれました。実際には私は外国人ではありませんが、理解してくれる人がいるということだけで心強く感じました。移動する際にも背中に手をあて、ジェスチャーを行いながら誘導してくれました。このことから言葉が通じない分、目線や表情、タッチングなど、非言語的コミュニケーションを多くとることで不安の軽減につながると学びました。また、全体の流れの中では、それぞれの役割の人が声を出し合い、傷病者に手当を行っているのが印象的でした。災害時でも周りと声を出し合い協力することは、今何を行うかを周りの医療者にも把握してもらうためにも大切な事であると学びました。 3学年 和田 薫
posted by WAKAN運営部会 at 00:00| 課外

2015年10月06日

2015紀の国わかやま大会サポートボランティア

 10月24日から紀の国わかやま大会が行われます。本校では1年生と2年生がサポートボランティアとして
参加します。紀の国わかやま国体と共通のスローガンでもある「躍動と歓喜、そして絆」を感じてもらい、円滑にボランティアができるよう、手話講座や合同演習を行っています。臨地実習のため和歌山大会に参加できない3年生はサポートグッズの作成などで協力しています。

手話講座
DSC03627-1.jpg DSC03628-1.jpg

合同演習
 よいサポートボランティアと悪いサポートボランティアをわかりやすく寸劇にしています。
DSC03651-1.jpg DSC03652-1.jpg

 当日持って行く手旗とメガホンを作成中です。担当の県のご当地モノを調べて工夫を凝らしています。
DSC03671-1.jpg DSC03701-1.jpg
DSC03742-1.jpg DSC03746-1.jpg

 3年生が作成した応援旗です。臨地実習のためボランティアには行けませんがその分、心を込めて丁寧に作りました。
DSC03731-1.jpg DSC03732-1.jpg

posted by WAKAN運営部会 at 00:00| 課外

2014年09月29日

交通安全運動

 秋の全国交通安全運動が9月21日から9月30日までの10日間実施されます。本校では9月29日、警察の方や交通安全活動推進委員の方々が校門前にて交通安全指導を行いました。また、本校の学生も交通安全ボランティアとして参加させていただきました。

1-1.jpg  DSC01807-1.jpg
posted by WAKAN運営部会 at 00:00| 課外

2014年09月01日

ソフトボール部!

 本校のソフトボール部のユニフォームが新しくなりました!今年こそは勝てそうです!

DSC01792-1.jpg   DSC01800-1.jpg
posted by WAKAN運営部会 at 00:00| 課外

2013年08月31日

災害医療実地訓練

 1年生全員が和歌山市主催の災害医療実地訓練に参加しました。
大地震が起きたと想定し、学生一人一人にケガや性格、台詞など細かい設定があり、それぞれが済生会和歌山病院、和歌山労災病院、中江病院に搬送されました。学生たちは特殊メイクを施され、被災者役になりきっていました。

k1.jpg k2.jpg
k3.jpg k4.jpg
k5.jpg k6.jpg

k7.jpg k8.jpg
k9.jpg k10.jpg
k11.jpg k12.jpg

 今回、傷病者役として訓練に参加させていただき、言葉が通じず伝えたい事が上手く伝えられない不安や、これからどうなるのかなど先の見えない怖さがあることを体験することができました。
 まだ病気についての知識は少ないですが、患者への対応や接し方、話し方などを学ぶことができました。対応してくださった看護師さんの中にこんな看護師さんになりたいと思える人もできました。私たちが医療従事者となったとき、この体験を活かし、傷病者の立場になって行動できるようになりたいです。本当にありがとうございました。 一年生代表 北野文菜

 わたしは下腿骨骨折した女性患者の役でした。実際に骨折したことはありませんが、特殊メイクをされた足を見て本当に痛そうだと思いました。ほかにも特殊メイクですが、傷や火傷を負った人がいて災害が起こると本当にこんな状況になるのだと感じ、恐ろしくなりました。
 治療してもらうときに感じたことは医師も看護師も目を見て話してくれるということです。また指示を待っている間に「暑いね」といってあおいでくれるなど細やかな気遣いをたくさんしてくれました。
 今回の訓練では、患者として決められた役を演じるだけでしたが、看護師としてこのような状況になったときにはこの体験を思い出し、患者の不安な気持ちを考え、その不安な気持ちを取り除くために細やかな気遣いができるようになっていたいと思います。 1年生 斉藤 里恵

 初めて災害医療の実地訓練に参加しました。地震や災害時のような混乱した医療現場では治療や搬送に優先順位をつけるため患者を4色に色分けし、色ごとに治療を行うと教えてもらいました。普段であれば、最後まであきらめずに治療が施されますが、非常時には一人でも多くの方の命を救うため「黒色」の患者にはほとんど治療を行わないと聞き、とても複雑な気持ちになりました。将来、自分が看護師としてその現場に立つことになったらと考えるととても不安です。しかし、一人でも多くの人を助けられるような知識と技術を身につけたいと強く思いました。
 今回の訓練に参加することで、想像していた災害医療の現場と実際の現場との違いを知ることができました。求められる能力や経験値、順応力などもまた、平常時とは違う事を知りどのような状況でも対応できる看護師になれるよう、これからの学生生活、一日たりとも無駄にせず、頑張っていきたいです。
1年生 西野 舞

 けがの種類だけでなく、年齢や家族構成、台詞など細かく設定された災害訓練に初めて参加しました。初めは上手くお芝居できるか不安でしたが、足に特殊メイクをされると本当のけがではないのに足が痛むという不思議な感覚がありました。病院で手当をしてもらうとき、「痛いですよね。痛いですけど見せてくださいね」と患者の気持ちに共感することを自然と言っていました。「人は共感してもらうことで不安や心配が和らぐ」と文学の授業で学びましたが、本当にその通りだと思いました。
 今回の訓練で病院や医師・看護師がどのようなことをするのか知ることができました。とはいえ、それはごく一部でほかにも様々な働きがあったと思います。今まで知らなかった災害医療についてもっと勉強したい気持ちが高まりました。この体験を役立てられるよう、頑張りたいと思います。
1年生 頓花知咲

posted by WAKAN運営部会 at 00:00| 課外

2013年06月05日

農業体験

農作業1.JPG 2013-05-農作業2.JPG

 5月11日、18日、僕たち2年生男子5人は、紀の川市の70歳代の方のところへ農業体験に行かせて頂きました。5人全員が初めての経験で、最初はただの力仕事だけだと思っていましたが、実際に作業をしてみると力仕事はもちろん、地道な作業の積み重ねでした。身体的にも負担が大きく、暑い中この作業を2人でされていることに対して、いかに大変な仕事であるかを実感しました。
 普段、何気なく食べているお米が、お米になるまでどれほど大変なのかを身をもって知り、一粒一粒決して粗末にしてはいけないと改めて思いました。
 今回の体験では、初日は指示されるのを待つばかりで積極的に作業をすることが出来なかったのですが、二日目は少し要領もわかり、それぞれが役割を持って行動することができました。力を合わせてする作業も多く、チームワークの大切さも実感しました。
 今回、このような機会を与えて頂いたことで様々なことに改めて気付き、とても貴重な体験をさせて頂きました。本当にありがとうございました。 2年生 中谷・西川・岡本・山口英・畑中
posted by WAKAN運営部会 at 00:00| 課外

2012年12月15日

わかやま自主研究フェスティバルに参加しました!

 わかやま自主研究フェスティバルとは、自主的に発想し、創造性豊かな活動を行う人材を育成することを目的に、生徒・学生の自主研究活動を支援、促進すると言う趣旨で、普段の学習活動やクラブ活動等学校生活全般のなかで研究活動を行うものを広く対象として、その取り組みについての成果発表と情報交換の場となっています。
 本校は「戴帽式〜同じ夢に向かって〜」をテーマに3年ぶりに研究発表をし、佳作賞プレゼンテーション賞をいただきました。
j-8.JPG j-9.JPG 


「戴帽式〜同じ夢に向かって〜」は22期生の53名が戴帽式を通して自己を見つめ、試行錯誤しながら看護師になる決意をするまでの活動の実際と、自分たちで戴帽式を作り上げる過程において自我同一性(アイデンティティ)を確立し、人間として成長することでこれからの学生生活や厳しい実習を乗り越えていける糧になるであろうと考え、研究テーマに選びました。
 発表者は1学年の井川円歌さん、千田あゆみさん、畠久保菜穂子さんで戴帽式が終わってからの一ヶ月、原稿やポスター、パワーポイントの作成に毎日遅くまで残って頑張っていました。

j-4.JPG j-5.JPG
j-6.JPG j-7.JPG j-2.JPG

posted by WAKAN運営部会 at 00:00| 課外

2012年10月22日

和歌山市災害医療 実地訓練

 10月21日、和歌山市主催の災害医療実地訓練に参加しました。M8.4の東海・東南海・南海地震が発生したと想定し、医療救護所として木本小学校に集合、トリアージ後、重傷度が高い傷病者は河西田村病院と和歌山労災病院に搬送されるという設定です。学生達は特殊メイクなどを施し、被災者役になりきりました。
sa-1.JPG sa-2.JPG

sa-3.JPG sa-4.JPG

sa-5.JPG sa-6.JPG
 美容学校の学生ボランティアの方に特殊メイクをしてもらいました。すごくリアルで痛々しいです!役になりきるあまり、本当に痛くなったり苦しくなったりした学生もいたようです。

sa-7.JPG sa-8.JPG

sa-9.JPG sa-10.JPG

sa-11.JPG sa-12.JPG  
子どもを亡くしたお母さんの設定です。最初は演技ができるか不安だったそうですが、役になりきっています。

 災害を想定した、とても貴重な体験をさせていただきました。患者役として医療従事者の方と関わることができ、実際の医療現場を体験し、看護師の動き、言葉掛けなど学ぶことができました。今回の災害訓練に参加させていただき、見て学んだことを学生間で共有し、私たちが医療従事者になったとき、活かすことができればと思います。本当にありがとうございました。2年生代表 矢田花菜

 実地訓練に参加するにあたり、私は初め、少し嫌でした。朝が早いし、割り当てられた「詐病」という役がシナリオ通りにいくのか不安があったからです。しかし、看護師や医師、救急救命士など医療に関係する人たちが連携し、次々と運ばれてくる患者さんを処置し、搬送するなどスムーズに行われている場面を見てとても感動しました。また、自分が患者役をしたことによって不安や辛さなど少し分かったような気がします。初めは行きたくないとおもっていた訓練でしたが、終わったときには、参加できてとてもよかったと気持ちが変わりました。そしてもっと看護師になりたいという気持ちが強くなりました。 上野山 有紗

 私は小学生の男の子を探す母親という設定でした。消防士の方や救急隊の方に「今探しています」など随時、声をかけてもらったのですが、心配は収まりませんでした。また、「お子さんは別の場所に避難しています」という報告が来たときも、実際に顔を見たり、声を聞いたりしない限り、安心出来ないと感じました。私たち医療従事者はこうした災害の時、目の前にある患者の命を救うことを優先しなければなりません。しかし、実際に体験してみると患者の家族や家など、背景にある部分まで目を向けなければ患者の不安は軽減しないのだということに気付きました。災害に遭って苦しみ、辛い思いをしている人達にどんな言葉掛けをし、どんな看護が必要なのか、今回気付いたこと、感じたことをもとにこれからも考えていきたいと思います。 山本 優子

 私はクラッシュ症候群で下肢に傷のアートをしてもらいました。アートながらとてもリアリティがあり感動しました。実際に訓練が始まると、担架でどこへ連れて行かれるのだろうという思いと心細さでいっぱいでした。他の負傷者を助け出すため隊員の方達が走り回っており、仕方がないとは思うのですが、「早く見て欲しい」「私の方が重傷なんじゃないのか」という自己中心的な気持ちが出てきました。災害時はこんな思いをしている人が沢山いるのだなと感じました。救急車で病院に運ばれてからは看護師さんが側に付いていてくれてすごく安心しました。訓練に参加することで、患者を早く助け出し適切な判断をするとともに、心身ともに弱っている人の支えとなるのは声掛けや状況説明が必要であることが分かりました。これからもこの経験を忘れず常にイメージしながら日々努力していきたいと思います。森 千夏
posted by WAKAN運営部会 at 00:00| 課外

2012年05月01日

防災訓練

和歌山市西消防署の方の指導を受け、2年課程(通信制)、3年課程合同で防災訓練を行いました。

s-1.JPG

s-2.JPG s-3.JPG

s-4.JPG s-5.JPG
消防避難訓練のあと、3階講堂より救助袋による脱出訓練を行いました。その後、消火器を使って消火訓練、屋内消火栓を使用した放水体験、地震車による地震体験を行いました。災害が起こった時には訓練通り動けるよう、日頃の備えが大切であると実感しました。
posted by WAKAN運営部会 at 00:00| 課外

2011年09月22日

同窓会のお知らせ

11月12日土曜日 午後1時より同窓会を開催いたします。kinmokusei-ic1.png

「災害看護」をテーマに卒業生である西原まきさん(4期生)と加太勇さん(9期生)、
林優里香さん(15期生)の講演を予定しています。3時からは懇親会になっております。参加費として500円必要ですが、たくさんの方々のご参加をお待ちしております。
 
 病院協会会員病院に勤めている卒業生の皆様には病院へ、それ以外の卒業生の皆様にはご自宅へ案内状を送っています。準備の都合上、10月20日までに同封のハガキにて出欠をお知らせください。なお、案内状が届かない方がいらっしゃいましたら学校まで連絡ください。 同窓会代表 西山菜津美 
                
posted by WAKAN運営部会 at 15:42| 課外

2011年03月02日

受賞おめでとう!

s1.JPG

市長賞受賞 井手口理恵さん、知事賞受賞 北野早紀恵さん、学校長賞受賞 北村勝孝さん
学力優秀、品行方正、他の生徒の模範としてふさわしい3人の学生が受賞しました。

この受賞を機により一層自分の目標とする看護に向けて勉強し、患者さんから信頼されるナースになれるよう頑張っていきたいと思います。知事賞受賞 北野早紀恵
posted by WAKAN運営部会 at 00:00| 課外

2010年09月19日

ソフトボール大会

9月19日、病院協会主催のソフトボール大会に参加しました!
この日のために昼休憩や放課後に練習し、優勝目指して頑張りました。
IMG_0106.JPG
続きを読む
posted by WAKAN運営部会 at 00:00| 課外

2010年06月04日

1日看護学生募集!

7月29日(木)1日看護学生を行います
看護体験を通して看護師の役割を理解していただき、進路の参考にしていただければと思います。当日は学校紹介や白衣を着て看護技術体験、看護学生との交流などがあります。看護師の仕事に興味のある高校生以上の方ならどなたでも参加していただけます。学校ホームページの“1日看護学生”にあるメールフォームから申し込んでください。素敵なプレゼントもご用意していますのでたくさんの方のご参加お待ちしています。
posted by WAKAN運営部会 at 12:25| 課外

2010年05月31日

世界禁煙デー

 本校では健康増進法が施行されたのをきっかけに平成18年にたばこ委員会を発足し、教職員や学生はもちろん、講師の先生方にもご協力いただき校内全面禁煙としました。各学年2人ずつがたばこ委員として年間目標をたて、活動内容を決定します。 
たばこ たばこ2
 私たちは医療従事者となるにあたり喫煙への意識改革と、地域の環境改善を目的とした活動を行っています。
 まず、毎週水曜日に各学年で、学校周辺のタバコの吸い殻の見回りを行い、厚生美化委員と協力して校舎周辺のゴミ拾いに取り組んでいます。収集したタバコの吸い殻の本数や、落ちていた場所はその都度記録し、タバコのポイ捨て状況を知るための統計として役立てています。
 学校玄関のホワイトボードには、年6回更新でタバコに関する情報を提示しています。昨年は校内で「学生が知りたいタバコに関する情報」をアンケートしたので、本年はそれを元に更新していきます。学生にとって興味深く、また禁煙に対する意識向上に役立つテーマを取り上げていきたいと思っています。
また、定期的に各学年のタバコ委員が集まって会議を開き、各学年の活動状況について報告しあい、今後の活動に関しての意見を出し合っています。
 今年度の目標は「喫煙の身体に対する悪影響を知り、健康への意識向上に努める」です。喫煙が私たちに与える害の深刻さを学年全体で学び、禁煙への意識を高め、地域に密着した活動をしていきたいと考えています。 タバコ委員
posted by WAKAN運営部会 at 00:00| 課外

2010年04月20日

病院説明会

病院協会会員病院の協力により就職のための病院説明会を開催致しました。
説明2 説明1
各病院の代表の方達に病院の特色など、2分の持ち時間でプレゼンテーションしていただいた後、各ブースに分かれ学生の質問や相談に答えていただきました。
説明3 説明4
続きを読む
posted by WAKAN運営部会 at 00:00| 課外

2010年03月03日

受賞おめでとう

受賞
市長賞受賞 藤原すぎさん、学校長賞受賞 新井優子さん、知事賞受賞 尾藤由衣さん
学力優秀、品行方正、他の生徒の模範としてふさわしい3人の学生が各賞を受賞しました。

 これからの人生、和歌山看護専門学校で学んだことを誇りに思い、学校の名に恥じないように常に前向きな姿勢で取り組み、皆から愛される私の理想とする看護師を目指して日々精進して頑張ってまいります。ありがとうございました。学校長賞受賞 新井 優子
posted by WAKAN運営部会 at 00:00| 課外

2010年02月09日

キット勝つ!

その他.JPG
昨年卒業した学生が国家試験を間近に控えた3年生の激励に来てくれました。メッセージ付きのキットカットを差し入れしてくれ、国家試験当日の様子など参考になる話をたくさんしてくれました。
国家試験まであと少し、頑張ろうね!
posted by WAKAN運営部会 at 17:26| 課外

2010年02月07日

市長賞

その他2
今春、専修学校各種学校を卒業する者で、「学力優秀、品行方正、他の生徒の模範としてふさわしい者」を表彰基準とし、和歌山市に所在する各学校長推薦者の中から表彰基準にふさわしい学生として本校3年生、藤原すぎさんが表彰されました。
posted by WAKAN運営部会 at 00:00| 課外